チャンギで使えるトランジット・バウチャー

シンガポールで乗り継ぎの際に、空港内で使える20シンガポールドルのバウチャーが貰える、チャンギ・トランジット・プログラム。今のレートで1,600円弱の買い物や飲食ができ、あるいはラウンジの利用にも使える、とても嬉しいサービスです。

適用される航空会社や便などの条件がありますので、詳しくは上記のリンクから確認して下さい。

今回は往路の乗り継ぎ時間が1時間ちょっと。ターミナル間の移動も必要で、余裕が無いのでゲートに直行しましたが、帰りは約2時間あるので『どんなものか』とトライしてみました。
が、なにしろ広大な!チャンギ空港内ですから、ターミナル内も免税店や飲食店、休憩所などが広がっていて、どこでバウチャーを貰うのか見当が付きません。

そこで、スカイトレインからターミナルに入ってすぐの所にあるインフォメーションカウンターで聞いてみました。この写真の右にあるデスクです。

が、大まかにしかわからず(何しろ初めての場所ですし)、言われた方向に向かったものの、ウロウロ探す羽目になります。
ようやくたどり着いたのは、滑走路やボーディングブリッジが見える広い窓際のエリア。ここにフードコートなども並んでいるのですが、左手に外を見ながら進んでその端に近い辺りです(ターミナル2の場合)。

 

この i SHOP CHANGI  というカウンターがバウチャーの受け取り場所。
わかり難いのですが、側に表示も有りました。

ただし…すでに10人ぐらいの人が並んでいる…。この順番待ちをしたら、バウチャーを使う暇が無くなってしまいそう。買い物はともかく、ラウンジは覗いて見たかったのですが、またあきらめです。
次回は、乗り継ぎの効率を無視して長時間滞在しようかと、あらためて思いました。

バウチャー、6ヶ月間有効なんですよね。使う時間が無くても並んで貰っておけば良かったかも。まあ、次回はなんとか利用します。

ちなみに、このプログラムの期間は一応9月30日までとなっていますが、その前は3月31日まででしたし、おそらく10月以降も継続されるのではないかと思います。チャンギ国際空港にお出での方は、せっかくですのでご利用してみてはいかがでしょうか。

シンガポールでのトランジット

と言うことで、初めてのシンガポール・チャンギ国際空港での乗り継ぎです。ちなみに、ここで搭乗してタイまで飛んだことは有りますので、初めての利用では無いのですが、その時は普通にチェックインして乗っただけなので、空港内の印象はほとんど有りません。

アジアで、いや世界的にも有数のハブ空港ですから、その規模たるや半端ない。最近出来た第4ターミナルへはシャトルバスが、それ以外の第1~3ターミナル間スカイトレインと呼ばれる自動運転の電車で移動できます。

今回、サムイからの到着は第2ターミナル羽田への出発便は第3ターミナルから搭乗するのですが、念のため降機してターミナルに入った所の案内板で確認します。

 

もし、見つけ難かったら、掲示板下にある端末に便名を入力すれば、ターミナルとゲートを表示してくれます。

ターミナルを確認したら、あとはスカイトレインのホームを目指すだけ。
Transfer の矢印に従って移動すれば、目的のターミナル行きホームに辿り着けます。

 

 

ターミナル間は徒歩でも移動できますが、よほど乗り継ぎ時間に余裕がある人以外はスカイトレインを使う方が確実でしょう。

ただ、チャンギは広いだけあって空港内に様々な施設が有り、今回は車窓から見るだけでしたが、こんな所も通りました。

屋内に人口の滝と森林!空港とは思えませんよね。
他にもひまわり園バタフライガーデンなどが有るらしく、トランジットでなくても行ってみたくなります。

なお、乗り継ぎ客が買い物やラウンジで使えるバウチャーをもらえる、チャンギ・トランジット・プログラムも利用できます。これもまた、時間が無いともったいない。移動時間は短い方が良いのですが、シンガポール経由だけは無駄に(笑)乗り継ぎ時間を長くしたくなるかも知れません。
チャンギ・トランジット・プログラムについては、また別にご説明します。

個人的には、制限エリアなのに手荷物検査が2回も有ったのが(帰りは1回だけでしたが)ちょっと面倒でした。PCやタブレット、モバイルバッテリーとか引っ掛かる物が多くて…。
搭乗待合室も広いし椅子も多くて快適でしたが。

 

久々にサムイからのフライト

先月末の帰国時、初めてサムイ発のシンガポール経由、というルートを使ってみました。いつもならバンコクに出て飲み会(笑)をしてからのフライトですが、今回は帰国日程も短いため、寄り道せずにほぼ最短の所要時間です。
あ、午前便なのでサムイに前泊し、飲み会(笑)は開きましたが…。

考えてみたら久しぶりのサムイ空港。相変わらず公園のように綺麗な佇まいです。

 

シンガポールまではシルクエアーで、シンガポール航空の子会社なのでチケットも通しで買えますし、当然のことながら(バンコク経由だと当然ではなかったりします)バゲージも日本までスルーです。
ただ、ウェブチェックインしたけれどサムイ発では搭乗券が発券されず、結局普通の空港チェックインとあまり変わらなかったりして。

チェックイン後、搭乗待合室に向かう通路サムイパークアベニュー、ここも花いっぱいです。
そして、一際目を引くのがホウガンノキ。名前の通りに大きく真ん丸な実と、食虫植物みたいな花が妖しげです。

保安検査を受けて、一応国際線なので形ばかりの出国審査を通ります。バンコクと違って混んでいないのがサムイ出国の大きなメリット。

 

ターミナル?内に入っても、通路周りはまだまだ公園のよう。

そして…トイレには魚が泳いでいます。こんな空港、そうは無い筈。

 

出発ラウンジは大きな吹き抜けの空間で、開放感があって涼しく感じます。

ここでは無料の軽食、ドリンク類を利用できます。インターネットも接続出来て、待ち時間が苦になりません。

こんな造りなので、ボーディングブリッジなど有る筈もなく、駐機場までバスと言うか、トロリーみたいな車で移動します。ターミナルの滑走路側も花が咲き誇っていて綺麗ですね。

いよいよ搭乗ですが、この後のシンガポールでの乗り継ぎの様子は、また別にUPしたいと思います。ちなみに日本では羽田着、到着後がすごい楽になります。

割引き可能です

随分時間が経ってしまいましたが、帰国前はプーケットに出張していました。タオ島からは Lomprayah 社の高速フェリーとバスのジョイントで行くのが便利です。

フェリーが着く本土側のスラタニの港。ここで乗り継ぎのチェックインをするのですが。

そこで見かけた「RESIDENT MEMBER」という表示が気になって聞いてみたら、外国人でもタオやサムイの住所でワークパーミットを持っていればカードが作れて、割引料金になるとのこと。受け取りは後からになりますが、早速申し込んでみました。

 

出来てきたのは、裏面に写真も入っていますが、割と簡単な厚紙のカード。

そして、使用の都度スタンプが押される回数券?みたいになっています。

年間で20回利用可能、だったかな。

この割引き、遠距離の方が値引き金額は大きいのですが、料金設定を知らないスタッフも多いようで、窓口によって「100バーツ引きだ」「いや、200バーツだ」と食い違うこともしばしば(笑)。

 

ちなみに、現地在住でない人も、一度乗った時のチケットの半券が残っていれば

次回利用する時に割引きしてもらえます。Lomprayahの窓口で直接買った場合のみですが。

目的地に着いたからといって安心して捨ててしまわず、次回使えるようにキープしておきましょう。

カオラックのお勧めステーキ

カオラックでの食事、やはりタイ料理がメインでしたが、時にはヨーロピアンフードも。世界中から旅行者が訪れるので、かなりいろいろ揃っています。
その中で「お勧め」と言われるステーキ屋さん。Bang Niang ビーチの海から少し陸側に入った所。ちょっと場所がわかり難いですけれど、かなり以前から営業している Joe’s Stake House です。

お店の写真、撮るのを忘れましたが…。

ステーキの肉は赤味で脂身が少なくヘルシーな感じ。その分かなりの量でも食べられそうです。付け合せにサラダが付いて来るので、バランスも良いですね。

 

肉の種類はそれほど多くありませんが、それに味付けするソースは実にバリエーションに富んでいます。

まずは定番のグレービーソース。具材はマッシュルームだったと思います。

しかも!一緒に盛り付けられているジャーマンポテト?がまた絶品です。

 

これは、似ているけれど良く見ると、緑の丸い粒が入っています。
タイならでは、のグリーンペッパー生のコショウが入ったソース。独特の刺激が味を引き立てます。

 

こちらが一番人気(多分)のクリームチーズ+ホースラディッシュのソース。クリームチーズだけなら多分もの足りないのでしょうけれど、ホースラディッシュがピリリと味を締めています。なにしろセイヨウワサビですから。

 

そして、この付け合せはコロッケです。中身は普通にポテトだったかな。それにしてもタイでコロッケなんて、そうそう巡りあえるとは思っていなかったので感動しました。
メニュー上では付け合せは決まったセットになっていますが、頼めば他のものと変えてくれます。

 

さすがにお値段は少々高めですが、ワインも飲んでお腹一杯食べても一人500~600バーツ2,000円は掛かりませんから、コスパは悪くありませんね。

タイ料理に飽きたり、たまにはガッツリ食べたい!といった時にはお勧めです。

 

たまには高級リゾートステイ

と言うことで、カオラックでの仕事の後半は某TV番組の撮影。ロケ隊と同じ場所に宿泊するので、The Sands Khao Lak by Katathani に泊まりました。

 

自腹では、まず泊まる気にならないリゾートなので、興味津々です。

敷地がとにかくだだっ広い。エリア的に土地を確保、利用しやすいのだと思いますが…。

これは迷子になりそうな…レストランやバーも敷地のあちこちに有ります。その時の気分で利用出来て便利ですね。

 

お部屋はカテゴリーによると思いますが、小ぢんまりした感じにまとまっています。アメニティーや設備は揃っているのですが、室内で焚いているアロマオイルの臭いがキツクて頭が痛くなり…香炉を外に出してしまいました。サービスだと思っていたら、ちょっと違うんじゃないかと。

ベッドの上のタオルはゾウさんの形でした。使うのがもったいない(笑)。

制作予算で泊っているので、おそらく下の方のカテゴリーの部屋ですが、バスタブは無くてシャワーだけでした。南国では多いですね。お湯の出が良かったので問題はありません。

 

驚いたのがプールの多さ。特にファミリー(子供)用のプールは中庭を一つ占めていて、ウォータースライダーまである、まるでテーマパークみたいな施設です。

今までいろいろなリゾートホテルを見てきましたが、こんなのは初めてでした。
そしてこちらが大人用プール。こちらはビーチの近くにあります。

 

仕事で泊っているので、夜はほとんど外のレストランで食事と打ち合わせ。ホテル内も雰囲気が良いので、もし自分で泊まる機会が…無いだろうけど、万一有ったら、中でゆったり過ごしたいものだと思いました。

 

お洒落な料理でした~。

たまにしか行かないサムイのお店探訪、あと一店新規に行って来たのでご紹介します。

チャウエンビーチロードの北の三叉路の所にあるタイ料理店 Baan Ya Jai お店の外景撮り忘れましたが…小ぢんまりした可愛い雰囲気です。

 

このお店、Trip Adviser 「チャウエンのレストラン」部門で2位というだけあって、メニューでさえお洒落。

まあ、ローカルのタイ料理店よりは値段お高めですが、妥当な範囲でしょうか。

 

まずはおつまみ系で、クンチェーナンプラー、生エビです。ランの花も飾られて盛り付けが綺麗ですね。

シーフードではアサリのタイカレー炒め?蒸しかな?タイ名がちょっと不明…。

 

そしてメインはプラーヌンマナオ、アカメ(スズキという説も)のライム蒸しで魚料理では定番です。

しかし、どの皿もランの花付きで、これなどは皿の半分が花!

 

テーブル全面が彩り華やかになりました。

 

肉料理では、なかなかお目にかかれない鶏のパンダンリーフ包み焼き、ガイホーバイトーイ。香ばしくてお酒が進みます。

 

普通のタイ料理だけでなくイサーン(東北地方)料理も若干あるので、鶏のラーブ(挽き肉の炒め和え)を頼んでみました。

見た目通り、なかなか上品な味付けでしたよ。

 

花だらけなのはちょっと笑えましたが、味はなかなかレベルが高く、場所も便利でわかり易いので、チャウエンエリアではお勧めのお店です。小洒落てますしね。

日帰りマレーシア旅行です!

お盆以降忙し過ぎて、気が付いたら1か月も更新を怠っていました…。いかんいかん。
少し仕事の間が空いたら、ちょうどパスポートの滞在期限が切れるタイミング。ということで、一度出国&再入国のために、マレーシア国境まで行って来ました。

同じような人のために、VISA RUNと呼ばれる日帰りのミニバスツアーがちゃんとあります。日帰りなので時間的にはハード、朝は5時前のホテルピックアップで6時の本土行きフェリーに乗ります。

 

自分でも用意して行きましたが、一応軽食やドリンクが付いていました。乗船時間が1時間半あるので、これを食べたらフェリーの中ではほぼ寝ています。

 

本土のドンサク港付近の遠景。切り立った山が立ち並ぶ不思議な地形です。

ここから延々とミニバスでひた走り。今回は隣の席が女性でしたが、大きいファラン(タイ語でヨーロピアンのこと)と一緒だったりすると、狭くて大変です。

 

途中、ガソリンスタンドにある食堂?でブランチ。サービスエリアみたいな場所なのでトイレ休憩も兼ねています。

ご飯に載せるおかずを二品チョイス。このカレー、ちょっと辛過ぎましたが…。この食事代も料金に含まれています。

主要国道から離れて山道に入り、着いた所が Wang Prachan の国境です。

ナショナルパークになっているように、風光明媚な山並みが続く場所ですが、あいにくの雨模様。付近には何もないのですが、何故か露店の商店街になっています。

 

タイ側の国境、出入国管理事務所?ですが、ちょっと前までは木造のショボい建物だったのが、綺麗に建て替えられていました。

この窓口の右側で出国スタンプを押してもらい、マレーシア側へ徒歩で向かいます。マレーシアから戻ったら、左の窓口で入国手続きをして再入国完了。

 

マレーシア側の国境の建物。こちらは以前から変わっていません。

同じように、左で入国手続きをしますが、その後すぐに右の窓口で出国!マレーシア領内に入ったと言えるのだろうか?というマレーシア旅行です。

 

帰りはギリギリで夕方6時のフェリーに乗船。サンセットのタイミングだったので、綺麗な夕景のおまけ付きでした。

サムイ到着が8時過ぎ、そこから車移動でホテルに着いたのが9時頃と、約16時間の長旅でした。疲れるけれど、1日で国境を越えて来れるのは時間的に助かります。車内では寝ていれば良いので、ドライバーほど大変ではないですから。

ちなみに、今回の料金は1,900バーツ(7,000円弱)です。利用する方はそうそういないと思いますが、ご参考までに。

 

半端ないです!サムイのムーガタ。

サムイで一泊したので、以前同じ店で働いていたスタッフとご飯へ。何が良いかと考えたあげく、天気がイマイチなので温まる鍋兼焼肉のムーガタに決定。

しばらく前からタイでは人気のあるムーガタなので、ご存知の方も多いかも知れませんが、簡単に言ってしまうと、真ん中で肉を焼き、周りの溝にダシ汁を張って野菜などを煮て食べる、浅い鍋のことです。肉も野菜も食べられるのが嬉しい料理。

 

サムイにも何軒かお店がありますが、多分一番の人気店がこちら。バンラックビーチとチャウエンビーチの中間辺り、知らないと行けない場所なので、現地のダイビングスタッフなど在住者に連れて行ってもらうのがお勧めです。

「99の近くのムーガタ」と言えばわかると思います。

 

ムーガタは好みの具材を自分で選ぶ、ビュッフェ形式が普通です。タオにも有るのですが、人気店の理由は具材の豊富さだけでも何種類もあって、食べ切るのが難しいほど。

 

野菜も種類が多いだけでなく、個人的にはキノコ類が揃っているのが嬉しいところ。やっぱり鍋にはキノコが合いますよね。

ここに写っている後ろに、もう一列野菜のバットが並んでいます。葉物も種類が豊富でした。

鍋の具材としては、練り物系のかまぼこや豆腐なども沢山。

 

そして、具材ではなく春巻きヤム(タイ風サラダ)など、タイ料理そのもののビュッフェも有ります。この選択肢の豊富さが、残念ながらタオには無いところ。

 

興味が無いので(笑)撮り忘れましたが、最後にデザートとしてタイのスイーツがありますし、フルーツも食べ放題です。

 

ここまででかなり満腹ですが、〆はアイスクリーム。これも何種類かある中からセルフでスクープして食べられます。

食べ放題で、大人一人200バーツ弱(650~700円)、飲み物は別ですが、お腹一杯になるのでビール1本で済んで安く上がりました。ガッツリ食べたい時には最高のコスパです。

サムイで発見!お洒落なお店

会社の事務処理等のために、久々にサムイに行って来ました。まだお天気がはっきりしなくて、晴れ間も出るものの曇り時々雨、早く回復して欲しいものですね。

こちらのバンラック港、徒歩圏内には有名なビッグブッダが有って、船待ちの時間にプチ観光も出来るのですが、そのビッグブッダの寺門のすぐ手前、海の見えるカフェを見つけました。

その名もSun Set by Angelina このAngelina が何者かは不明ですが、おそらくオーナーの名前でしょう。

 

目の前が海、昼間で曇っていたのが残念ですが、夕方だったら名前の通りに夕景を見ながらビール!が楽しめると思います。

 

小ぢんまりしたお店ですが、多分ヨーロピアンのオーナーのセンスなのか、調度がなかなかお洒落な造りです。

 

海に向いた席はベンチシートで、カップル向けの席だろうに、人数によっては相席?というのが謎ですが…。

クッションの置かれた長椅子、良く見るとタイの伝統的な船の形です。実物を流用したのでしょうか?

 

センターのガラステーブルの脚?は複雑な形の、おそらく流木。凝っていますね。

 

ランプシェードなどもナチュラルな物や民芸調、で良い雰囲気になっています。

昼の観光の休憩に、バンラックにお泊りなら夕日を眺めに、ちょっと立ち寄ってみるとなごめそうなお店でした。ビール小瓶で90バーツ(300円ちょっと)ぐらい、場所代と思えば妥当な値段です。